スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円相場は遂に85円台に腰を据え始めました。

昨日のNYダウは、住宅関連指標の低迷で、反落となりました。しかし、大崩れすることはなく、小幅安でした。しかし、ドル円の為替相場は遂に85円台に腰を据え始めました。先週も85円台には突入しましたが、瞬間的なレベルであったのが、昨日は欧州・NY市場の時間帯は殆ど、85円台で揉み合い状態でした。国内企業の想定為替レートを85円に設定している企業が多い中、この円高レベルは警戒ゾーンです。為替介入に消極的な日銀・政府も口先介入を含め、為替相場への牽制が必要になってくるでしょう。私見では、ユーロ安のスイス中銀の介入を見ての通り、為替介入の効果に関しては疑わしく、一時的な措置に過ぎないと思っております。上昇すれば、戻り高値水準で売り叩かれるのがオチですね。現在の為替水準でいけば、セリングクライマックスであと1円程度、瞬間的に下げれば、一旦はドル高に回帰すると思います。ポイントは昨年11月の84.79円を下回らずに持ちこたえる必要がありそうです。おそらく、その水準では、買い待ちのトレーダーも数多くいると思いますので、ドル円のみどころです。そこで、持ちこたえれば、日経225も9000円割れの非常事態には陥らないのではないでしょうか。米国の雇用統計でトレンド転換されることは過去も多々ありましたので、今週中には何らかの一区切りがなされるような気がします。円だけでなく、欧州通貨に関しても、暴落の買戻しだとは言え、かなり上昇してきているので、そろそろ限界点が近いでしょう。

関連情報サイト
ドル暴落の危機は果たして訪れるのか・・・ドル暴落研究サイト
スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

doru225

Author:doru225
投資暦: FX 日経225 現物株 信用取引 現在の主戦場はFX
FXで用いるファンダメンタルズの情報は日経225でも欠かせないポイントのひとつです。

相互リンク
国債暴落/ ドル暴落/ 株価暴落
リンク
免債事項
「ドル相場と日経225の相場概況」の著作権はdoru225(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。 また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。 また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。 投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。 当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。