スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経、大幅上昇だが

本日もいつも通り、昨日のNYダウの相場状況から見ていきましょう。昨日のファンダメンタルズは住宅関連指標のケースシラーが予想を上回ったものの、消費者信頼感指数は予想を下回る結果でした。 米企業決算はというと、これもここ数日同様、好決算の発表がありました。ファンダメンタルズは好悪入り交じり、企業決算は良好ということでした。しかし、NYダウは続伸したものの、小幅上昇に留まりましたが、ドル円相場はドルの買い戻しが入り、88円手前まで円安が進みました。昨日のNY株式市場と為替市場を合わせ見ると現在の相場状況がNY株高・円安ドル高の構図ではないことがよくわかります。 日経225もNYダウの上昇の勢いを受けての上昇が見られず、むしろ為替相場の円高を嫌気し、上値を重くしておりました。そういう意味では本日の相場状況はここ数日と異なる状況なので、日経225の反応も注目されます。 また、現在のドル円相場が上昇に向かっているかを見極めるには、明確に88円を超えることが必要になってきます。市場がドルの上昇を確信できれば、日経225も追随し、再び10000円を目指すことも考えられますが、88円の壁を突破することができるでしょうか? 私見では、ユーロの買い戻しが消化不良で、もう少し上昇するのではないかと考えております。そうなると、ドル安はもうしばらく続く公算が強く、昨年後半の為替相場がそうであったように、ユーロドルの影響による円高ドル安となることも考えられます。 また、ここ最近、景気二番底の可能性を示唆する著名投資家や高官の発言が増えてきました。NYダウや日経225そして為替もそうですが、今まで二番底を経ずに、上昇したケースがあったでしょうか?景気二番底は回避できるものではなく、到来することを必然として捉えるのが、むしろ自然な気がします。

【ドル暴落研究サイト】関連記事一覧 

アンバランスの中のバランス
ドルとユーロの持ち合い
ドル買い介入の現実
中国の台頭
ヘッジファンドの真意
安値競争
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

doru225

Author:doru225
投資暦: FX 日経225 現物株 信用取引 現在の主戦場はFX
FXで用いるファンダメンタルズの情報は日経225でも欠かせないポイントのひとつです。

相互リンク
国債暴落/ ドル暴落/ 株価暴落
リンク
免債事項
「ドル相場と日経225の相場概況」の著作権はdoru225(以下管理人)に属し許可なく複製・再配信等を行うことはできません。 また、有価証券・株価指数先物価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券または株価指数先物、為替取引の売買を勧誘するものでもありません。 また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性などに直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、管理人は責任を負わず、損害賠償に応じません。 投資・投機等のご判断は、必ずご自身の責任において行ってください。 当ブログの情報に基づき、生じた損害につきましては、その責を一切負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。